自分の考えていることを書いておく、「言葉の倉庫」です。

歩くより走ったほうが速い

当たり前のこと。ダラダラ歩いているより、走っていくほうが速いに決まっている。仕事するときは一生懸命やる。悩んだ時も一緒。道が間違っているなら引き返せばいい。いっぱい走って目的地を探そう。目的地がわかったら一直線に目指そう。全力を尽くそう。全力で目指そう。

君の元気は僕の元気さファイト!

誰かを笑顔にすることで、自分も笑顔になれる。そういう自分でありたい。誰かを笑顔にするために、自分も笑顔でいる。そういう自分になりたい。ニプロのCMソングは僕の原点。

出来ることを出来る分だけ

出来ないことをやろうとしても無理が出る。まずは、出来ることを出来る分だけ精一杯やり抜こう。

出来る出来ないじゃねえんだよ。やるんだよ。

出来ないことをやろうとしても無理が出る。でも、やらなきゃいけないことがある。ならば、出来る以上のことをするしかない。出来る出来ないの問題じゃない。覚悟を決めるんだ。やるんだよ!

頑張ることは勇気を出すこと、勇気を出すとは覚悟を決めること、覚悟を決めるとはやってみせること

失敗するかもしれない。めんどくさい。それが頑張ることの対極にある。でも、やるのだ。やるために覚悟をする。退路を断つ。必要なのは勇気。頑張らないと、頑張れない。覚悟を決めて、勇気を出して頑張る。それでできなきゃ仕方がない。

失策は我にあり

自分の不幸や、運の悪さや、めぐりあわせや、不遇、そんなものを嘆いている時間があるなら、ちょっとでもマシにするように努力する。嫌なことを人のせいにしているうちは進歩しない。失策は我にあり。人の失敗まで面倒見てやるぐらいの気持ちでなければ、強く生きてはいけない。

悩んでも無駄だ!忘れろ!

大概の問題は悩んでも解決しない。特に人との関わり合いは、自分だけで悩んでも仕方がない。自分が悩むことで、得する人間なんて誰もいない。心配かけたり、傷つけるだけ。ならば、自分がいっぱい傷つきゃいい。忘れるまで、感傷に浸ってればいい。

逃げ出すことでは逃げ出せない

 逃げ出したところで時計の針は止まらない。仕事的なことや、精神的なことなら、逃げ出す事では逃げ出せない。ぶつかっていくか、降参するか、あるいはかわすのか。覚悟を決めればそれでいい。覚悟が決まらないから、逃げ出そうとするのだ。

ケンカとは、相手の言葉を聞こうとしないこと。

 同様に「喧嘩を売る」と言うことは、「話、言い分を聞かない」と宣言すること。正しいか、正しくないかなんて、話をしても結論が出ることなんてあまり無い。感情的なことならなおさら。相手の話を聞いて、それが自分の考えと違っていても、その考え方自体は認めるとか、許すとかしなければ、きっとケンカなんて終わらないのだろう。相手が未熟でけんかしている、と思ったならば、その瞬間に自分の未熟も認めなければならないのだと思う。

前向きに生きよう。前は明日だ。明日、未来に笑えるように、今何をすべきか考えよう

 前向きに生きたかったが、前がわからなかった。やっとわかった。未来だ。でもそれがわかったからと言って、どうすれば未来に進めるのだろう。待てば時間だけが過ぎていく。未来は変わらない。だけど、きっと自分の考えだけは変えられる。自分で動けば、きっと未来までも変えることができる。前向きに生きよう。明日笑えるように生きよう。

明日笑えるなら、今日いくら怒っても泣いても、別にかまわない

 今日も明日もあさっても、ずっと笑って生きていくことはきっと無理だろう。どこかで壁にぶち当たる。でも、壁にぶち当たっても、それを乗り越えていけばいい。乗り越えていくことで、もっと明るい世界が見えればそれでいい。前向きに生きるためには困難が待っている。そんなことはわかっている。乗り越えられなければ次の道を探せばいい。明日笑うためには、きっと何かを犠牲にしなくちゃいけない。犠牲にしなくちゃいけない何かがわかったのなら、それはラッキーなのだ。だから、いっぱい怒って、いっぱい泣けばいい。無理に耐えることはない。犠牲にしなければ、明日笑えない。

生まれつき優しい人なんかいない

 やさしいのはある程度才能もあるかもしれないけれど、何がやさしいのかがわからなければ、そうすることも出来ない。感情が豊かでなければ、やさしさなんか生まれない。痛い思いをして育てなければやさしくなれない。人によって感情は違う。だから誰にも優しくすることは難しい。誰にも優しくしようとしたければ、もっと痛い思いをいっぱいしなければやさしさが育たないから。でもどうすれば痛くないのか、考えることでやさしさは今よりは育つはずだ。

正しいと信じた瞬間、考えは感情を生み、感情は愛憎を生む。その正しさは正義ではなくなる

 だから、正義なんて人の中には存在しない。正しいことを正しいと信じた瞬間、それが人の心によって歪められる。いつまでもそれが正しいのかどうかを求め続けなければ、正義自体が悪に染まるのだ。常に求め続けなければならない。

孤独は罪を生む

 例えば病気のとき、考えなくてもいい事を考えて人は落ち込む。例えば誰とも電話がつながらければ、それだけで必要とされない気になってしまう。考えなくても良いことを考えて、人は罪を生む。孤独は罪を生む。孤独であると思うのならば、一人でも出来ることを見つけなければならない。

モラルの高さ=当事者意識の高さ

 モラルとはやる気の意味であったり、良識の意味でとらえられることもある(違う言葉だが)。どちらにも共通するのは「当事者意識」を高めてやれば、解決することだ。

愚痴が多いということは、自己弁護のためのハードルが低くなっているということ

 安易に愚痴を言うと言うことは、自分に対して甘いと言うことだ。